オモイをカタチに

便利な世の中だけれど、ベビー用品や離乳食や家族旅行など、オモイをカタチにツクル育児ブログです。

くるみボタンで作る ミニサイズのベビー用ヘアゴム

まるこです。

 

f:id:maruko-craftmade:20191024094019j:plain 

 

女の子ベビーだと、髪の毛が少し伸びてきたら

ついついヘアアレンジをしたくなりますよね。

我が子も髪の毛が伸びてきて、

(寝ハゲ&襟足だけ伸びて変なヘアスタイルですが)

髪を結んだりするようになりました。

でも、赤ちゃんの髪の毛って細くて繊細。

なかなか市販で可愛い&良いものがないなぁと

くるみボタンを使ってミニサイズのベビー用ヘアゴムを作ったのでご紹介します。

 

 

 

材料

生地 数センチ四方

くるみボタン

ラバーゴム

 

f:id:maruko-craftmade:20191024093959j:plain

 

生地は直径2.5mmの円が取れればOKなので、ほんのわずかです。

大人の洋服を買った時についてくる端切れでも十分です。

 

ラバーゴムは100均で大量に入ったものが売られています。

普通のヘアゴムもありますが、赤ちゃんの髪を結うには

ちょっと大きかな…と言うのが正直なところ。

ラバーゴムが小さくて、しっかり結んで止めてくれるのでオススメです。

 

くるみボタンは金属製のものもありますが、

このプラスチックのものが軽くてオススメです。

 

 

ミシンは使用せず手縫いで十分なので、針と糸さえあればできちゃいます。

お裁縫はちょっと…と言う方にも簡単に作れてしまうのでオススメです。

 

制作時間

5分くらいでできちゃいます!

 

作り方

①生地を直径約2.5cmの丸型に切る

 

f:id:maruko-craftmade:20191024093939j:plain

②内側を糸で縫う

 

f:id:maruko-craftmade:20191024093952j:plain

③中心にくるみボタンを置き、包むように糸を引っ張ってギャザーを寄せ、玉止めする

 

f:id:maruko-craftmade:20191024093946j:plain

④上から蓋をする

f:id:maruko-craftmade:20191024094043j:plain

これが…結構硬いです。

このくるみボタンの使い方には中心に棒を押し込むよう手順がありますが、

周りの淵から押し込んだ方が入りやすいかと思います。

 

⑤くるみボタンの穴にラバーゴムを通す

f:id:maruko-craftmade:20191024094102j:plain

 

直接通そうと思うと通しにくいので、

糸で引っ掛けて通すと通しやすいです。

 

2つ飾りをつけたい場合はこんな感じ。

f:id:maruko-craftmade:20191024094111j:plain

 

片方の輪っかに、もう片方の端を通せば完成!

 

f:id:maruko-craftmade:20191024094121j:plain

 

f:id:maruko-craftmade:20191024094009j:plain



 

 蓋をするところだけ若干パワーが入りますが

とっても簡単です!

 

生地を選ぶときのポイント

 

くるみボタンの完成サイズが直径約1cmと小さいので

柄が小さいものを選ぶと可愛らしくできます。

1cmの中に小さなワンポイント刺繍をしても素敵ですね!

 

まとめ

実際に半年の我が子にするとこんな感じです。

 

f:id:maruko-craftmade:20191024094030j:plain

ユニクロのパジャマ姿で失礼しま〜す!!

大きすぎず、小さすぎずでちょうど良いサイズ感です。

軽いのであまり気にもなってなさそう。

 

ファミリア風の生地でスカートを作った際のあまりの生地で作りました。

ファミリアのお洋服に合わせてヘアアレンジしてみようと思います。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます♡