オモイをカタチに

便利な世の中だけれど、ベビー用品や離乳食や家族旅行など、オモイをカタチにツクル育児ブログです。

【親子で食べる離乳食レシピ】にんじんとキャロットラペ

まるこです。

 

 

今日の食材は「にんじん」です。

おかゆの次にトライする方が多いのではないでしょうか。

にんじんだけを食べる機会って

大人でもそうないのではと思っているのですが

離乳食を作り始めてから

「にんじんってこんなに美味しかったっけ?」と

食卓ににんじんが出てくる機会が増えました。

今日は離乳食の「にんじん」と、その残りを使ったレシピをご紹介します。

 

 

材料

にんじん

ドレッシング 適量

 

 

ベビーメニュー にんじんのトロトロ

もうこれは説明するまでもありません。
にんじんを適当な大きさに切って、
柔らかくなるまで茹でます。
茹で上がったら、ペースト状になるまで
すり鉢でゴリゴリするか、ハンドブレンダーで潰すだけです。
 
私は面倒臭がり屋なので、
ある程度量を作るときはハンドブレンダーを使っちゃいます。
 
f:id:maruko-craftmade:20191111091010j:image
 
 

 

大人メニュー キャロットラペ

大人メニューは毎度簡単すぎて、作り方を記載するまでもないお料理ですが
先日ご紹介したカルパッチョと同様、
美味しさのポイントはドレッシング選びです。
 
 
残ったにんじんを千切りスライスします。
それをドレッシングと和えるだけ!
 
f:id:maruko-craftmade:20191111212557j:image
 
 
こちらもやはり、おすすめのドレッシングはピエトロ。
普段からサラダに使っていますが、
中の具材が大きめなのが特徴です。

www.pietro.co.jp

 

今回はピエトロのレモンと玉ねぎを使用しました。

レモンの風味がまたにんじんの美味しさを一層引き立てます。

このドレッシングがなくても、レモンをひとかけすると良いかもしれません。

あえたのちに、パセリをふりかけるだけで

ちょっと本格的な1品に仕上がります。

 

 

2、3日は冷蔵保管で持つので、

ちょっと1品足りないな…と思う時に

食卓を華やかにしてくれる1品です。

 
ワインなどお酒のアテにも最高です!
(って、、、私は今飲めませんが。笑)

 

 

まとめ

 

にんじんだけを食べるってなかなか難しいけれど、

千切りスライス&ドレッシングだけで

素敵な1品に早変わり。

 

にんじんの離乳食を作ると、ほぼ毎度と言って良いほど

このお料理を作ります。

私自身、実は生のにんじんがあまり好きではなかったのですが

離乳食を作るようになってから、大好きになりました。

ヘルシーなのもまた良いですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます♡

 

 

www.maruko-craftmade.work